カテゴリ:陶芸&木工( 56 )

 

山桜の木で・・・お弁当箱

今年の2月ごろ主人にお願いしてあった木のお弁当箱が出来上がり、、ようやく手元に。


e0129400_23183594.jpg
山桜の木を使って長方形の2段、上段は少し浅く。
接着材のボンドは使わずご飯で作る糊、続飯(そくい)で。
私の好きなカンザシ?「挽込み留め接ぎ」と言う薄い木の補強を黒檀の端材で。
注文の多い無理難題に大変だったようですが、、思った以上にス・テ・キ。
e0129400_23163773.jpg



by tocochan1011 | 2018-06-09 23:24 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

木工展と陶器のひいな・・・

3月第一土日は先週に続いて、地域のイベントです。
木工サークルに所属の主人は、、カトラリーと小さな角皿を展示。

バターナイフ ジャムスプーン スープジャー用のスプーン 等々
私の勝手な注文をいつも丁寧に作ってくれています。
小さな深さのある角皿はナッツやあられに・・・。
e0129400_18515949.jpg


木工グループに所属するKさんは陶芸も
2年ほど前 そのKさん作の立雛を頂きました。
それぞれ手のひら程の可愛い大きさです。
今年の陶器市で買った一輪挿しと、、、。

e0129400_18513278.jpg




by tocochan1011 | 2018-03-03 21:16 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(2)  

陶芸展と即売会

毎年行われる地域のイベント。
その中で陶芸展と即売会が開かれました。

この時期が近づくと何を出品するか、どれを即売会に供出するかと悩みます。
作品展には先月焼きあがったカップと木の葉型の少し大振りのお皿を、、、。

e0129400_13432015.jpg

即売会に私はお皿を11点ほど、、.

60点も出された方がいらっしゃいます。
プロ級の方の作品はすぐに売れてしまいますが、私もその方たちの作品を即売会でゲット。
しかも申し訳ないような金額で。


e0129400_14032734.jpg
織部の四方皿は他のサークルのS氏の作品 魯山人の写しだそうです。
さて何を盛りましょう。
e0129400_13424207.jpg


by tocochan1011 | 2018-03-02 14:04 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

しのぎのカップと・・・

カップ いろいろ焼きあがりました。
e0129400_16363934.jpg



去年から ”しのぎ”で作っているカップですが、、焼成温度が低かったり
釉薬のかけ方が悪かったりで、、、失敗続きです。

月曜日 不安の窯出しでしたが、何とか焼きあがって,、、。
前回のしのぎもどきからは進歩したでしょうか??こんな感じです。



赤土に釉薬うのふ 酸化焼成
焼き縮みが思ったより少なく、少し大振りのカップになりましたが、、。
e0129400_16184800.jpg

白土にカラー土で市松象嵌 透明釉 酸化焼成
e0129400_16175341.jpg


取っ手のフォルムもいろいろ
カフェタイム楽しめそうです、、、。
e0129400_16354225.jpg




by tocochan1011 | 2018-02-07 16:47 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(2)  

フライパン 蓋の取っ手・・・

フライパンの蓋の取手が取れて、買い替えなくては、、、。
今日も 猛暑の予報に買い物の外出も億劫です。

で 主人に取り敢えずの取っ手を木で作って貰いました。
少々陳腐??ながら使用に耐えそうです。

フライパンは アメリカで買ったCalphalon カルファロン。
使い勝手の良いお気に入りのフライパンです。
これもそろそろ買い替え時。
e0129400_14193405.jpg

by tocochan1011 | 2017-08-23 18:00 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

しのぎを削る・・・

鎬(しのぎ)とは、、、刀の刃と峰(背の部分)の間で稜線を高くした所、だそうです。
そのしのぎが削れるほどの激しい戦いや、今では切磋琢磨する事の意味の”しのぎを削る”はこの事なんですが、、。
陶芸にも しのぎを削る があるんです。
削り落として細い稜線(ストライプ)を出す方法です。
私のしのぎは、しのぎになっていないのですが一応しのぎのつもりで、、。
明日 素焼きします。
e0129400_1519313.jpg


私の持っている萩焼きの作家の作品は大胆なしのぎのフリ―カップ。
思い切ったしのぎです。
e0129400_15241383.jpg

by tocochan1011 | 2017-04-21 15:28 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

木のキッチン・・・その後

3年前に孫娘たちの為に主人が作った木のキッチン
去年はシンク下の棚に引き出しを付けてほしいと頼まれ、、3個作成。
使いやすくなったようですが、、、先日行ってみるとボードもあり更に充実していました。
e0129400_75852.jpg

当時1歳だった下の子も4歳になり、かいがいしくそのおままごとキッチンでお料理??を作ってくれます。
e0129400_11423100.jpg

by tocochan1011 | 2017-03-17 08:01 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

春のイベント・・・Ⅱ

今週末は、主人の所属する木工サークルがイベントに参加しました。
25年以上続けている方々の中で5年の主人は私の陶芸同様まだ新人??

宮大工や指物師の方、、漆を研究なさっている方、、どの作品もステキ。
e0129400_2333566.jpg


主人の作品、、三種類の鍋敷きとゲームボードのマンカラです。
e0129400_2352937.jpg

by tocochan1011 | 2017-03-05 23:07 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

春のイベントと・・・陶器市

又今年も恒例の公民館のイベントが2週にわたって行われます。
私の所属する陶芸は作品展と即売会が、、2日間無事に終了しました。


e0129400_20504120.jpg
e0129400_20514345.jpg
e0129400_2049865.jpg

グループごとの展示ですが、それぞれ展示方法にも工夫がされ個性があります。


私のお仲間の皆様の作品です。
e0129400_214530.jpg
今年も見事な飛かんなのM氏、鎌倉彫の先生のHさんのバラの彫りを施した花瓶や象嵌などなど、、、。

e0129400_2143027.jpg
そして 主人と同じ木工グループにも所属している他グループのKさんはとてもロマンチックな雰囲気でした。

by tocochan1011 | 2017-02-27 21:08 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)  

陶芸で・・・傘立て

以前 玄関に大きな信楽の傘立てを置いていましたが、今は使っていません。
雨の日の来客は傘を何処に置いたらいいのか困ってらっしゃるように思い、、傘立てを作ってみました。
大きな作品は作るのも乾燥させるのも焼くのも大変です。
何とか形になりましたが、、やっぱり我が家にはしっくりきませんね~。
でも 欲しいと言って下さる方がいて、もらっていただくことに。
その前にせめて写真だけでも。
e0129400_18571114.jpg


そして 新年早々の素焼きの為に家で作品作りです。
手ロクロで真円を作る難しさを感じながら、、、。
乾燥させて、、どんな風になるか楽しみです。
e0129400_1914477.jpg

by tocochan1011 | 2016-12-31 19:02 | 陶芸&木工 | Trackback | Comments(0)