クライストチャーチ・・・大震災からの復興

テカポからカンタベリー大平原を抜けて最後の訪問地クライストチャーチに、、2泊。
2011年に起きた大地震でクライストチャーチは多くの歴史的建造物が大変な被害を受けました。
中でも中心部は、約70%の建物が取り壊され大きな空き地が至る所に、、、ここが英国式ゴシック建築が立ち並んでいた街とは思えません。
新しい建物の建設が少しずつ始まり、「ガーデンシティ」と呼ばれるクライストチャーチらしい町の復興プランが現在進行中です。

それでも大都市の中心とは思えない空き地ばかりの中で起重機が動きカラフルにペイントされた囲いが目につきます。
e0129400_18333042.jpg


ただ町のシンボルであったクライストチャーチ大聖堂は再建のめどが立っていないそうで工事もされていませんでした。
e0129400_1823848.jpg


その大聖堂を再建するまでには長い時間がかかる、、その間に使うため建てられたのが仮設大聖堂。
紙で出来た大聖堂「Cardboard Cathedral / 紙のカテドラル」Christchurch Transitional Cathedralです。
2013年8月に完成して以来、クライストチャーチの新名所として親しまれているそうです。
日本人建築家の坂茂氏の設計建築で、防水防炎加工された特殊な紙管で作られています。
ファサード全面にステンドグラスがはめられ、柔らかな自然光が入ります。
夜には中の光が漏れてきっと美しいでしょう。
e0129400_18422166.jpg


e0129400_1857963.jpg

by tocochan1011 | 2015-12-02 20:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://toco1011.exblog.jp/tb/23922373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< クライストチャーチ・・・Ⅱ テカポ・・・星空の町 >>