琥珀羹

爽やかな秋晴れの続いているシルバーウィークです。
散歩に出たり、着物の手入れと整理、、そしてお菓子を作ったり。

乾燥している時には風が仕事をしてくれる?こんなお菓子はぴったりです。
寒天で作る 琥珀羹。

グラニュー糖と寒天、そして今回は大納言とゆずピールを少し。
もう一種類はフランスのペルーシュ糖に赤ワインを加えて。

流し固めて、切り分けてから、、後は風にお任せ。
4~5日で表面が白く糖化して固まったらそろそろ出来上がり、、1か月位日持ちがします。

e0129400_14323453.jpg


お薄で、いただきます。
e0129400_14351617.jpg

by tocochan1011 | 2015-09-22 14:35 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://toco1011.exblog.jp/tb/23700066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 単の結城に・・・帯合わせ  陶芸で茶道具・・・紅鉢・風炉 >>