カテゴリ:旅行( 107 )

 

ボルドー・・・

列車はサルラが始発、車内はがらすきです。
先ほどの一件落着の高揚した気持ちをなだめる様に、のどかな田園風景の中をひた走り、、、時々列車が駅に近づくと家がちらほら。
2時間以上走って混み始めてきました、、辺りは広大なぶどう畑が延々と続きます。
隣のボックスの老婦人が「ここはぶどうで有名なサンテミリオンよ」と教えてくれました。
7年前 サンテミリオンのシャトーに泊まった時の窓からの眺めと同じ風景です。

e0129400_21555215.jpg


いよいよ最後の訪問地ボルドーです。
7年前は4月でしたが、その時と同じ真っ青な空です。
ボルドーはフランスの中で近年人気の街だそうです。
ワインで財を成した富豪が多かったんでしょうネ、、、立派な建物で埋め尽くされている、そんな感じです。
e0129400_21552606.jpg

次の日も飛び切りのお天気、、、トラム一日券を買ってあちらこちらへ。
サン・ミッシェル教会、、、教会前広場では蚤の市が開かれていました。
白髪のおしゃれな男性が、手に少し錆びたミニチュアのアンティークのミシンを大事そうに持って教会前からトラムに乗り込んできました。
何処に飾るのでしょう、、、ステキな暮らしぶりを想像してしまいます。
e0129400_21545384.jpg

旅、、、非日常の空間に身を置く。
鈍っている五感がほんの少し、、、ピッ。



by tocochan1011 | 2017-06-27 22:38 | 旅行 | Comments(0)  

アクシデントは・・・突然に


この日のサルラはまるで街中がお祭りの様、、、早めのお昼に名物・セップ茸のオムレツを食べホテルに戻りました。

e0129400_00311338.jpg

前日駅までのタクシーを予約してありましたが、、マルシェのため駅までまっすぐの道は歩行者天国で迂回しなければなりません。
初めての所ですし、駅の周りも見たい、、、そんな主人の希望で配車を早めてもらうことに。
配車は2時15分、駅までタクシーで数分、、列車は3時4分です。
ホテルのフロントの女性は早すぎると笑っていましたが、、、これが結果良いことに。

優しい感じのタクシードライバーさん、トランクにスーツケース2つ入れてくれ、それぞれのショルダーバッグの他に手荷物が一つありましたがそれは持って乗り込み二人の間に置きました。
駅まで1秒に1回の感じでメーターが上がっていきますが、、、10ユーロちょっと、意外にお安い。

駅は、、ここが駅? 空き地のような場所にシンプルな建物が一つ、人の姿もありません。
後部座席に座っていた私たちはそれぞれ左右のドアから降り、、トランクのスーツケースを受け取りタクシーは戻っていき
切符をデリバード(日付を打刻)する場所を探し始めました。

あ!! 二人の間に置いた手荷物バッグを置き忘れた。

主人も私も相当な表情だったのでしょう、、、途方に暮れていると同年配の男性が近づいてどうしたのか聞いてくれました。

交渉事やこんな時はいつも私が担当です。
事の顛末を説明し、スマホを借りてホテルに電話をしたい旨伝えますが、、ホテルまで彼の車で送ってくれると、、、。
そんなやり取りを見て、、50歳代くらいのライダーカップルも来て、また説明し彼の電話でホテルに連絡。
覚えてくださったフロント譲は電話を受けながら、、タクシードライバーさんと連絡をしてくださったようですぐ駅まで届けて下さることに。
私たちは勿論大喜びでしたが、、その3人の方もブラボーと拍手でとても喜んでくださいました。

フランス語の話せないもどかしさを感じながらも、、20年以上前のフランスで感じたフランス人像はなんだったのでしょう、、、。
どの地でも受け入れてもらい、大変な親切や思いやりすら。

私たちも東京オリンピックに限らず お・も・て・な・し、、、しっかり心にきざみました。

落ち着いて考えると手荷物バッグには大した物は入っていませんでしたが。
改めて 何はなくてもパスポート、カード、大きな現金、、この3つは肌身離さず、、私たちの合言葉です。











by tocochan1011 | 2017-06-25 22:02 | 旅行 | Comments(0)  

美食の街・・・サルラ Sarlat-la-Caneda

今までの美しい村とは違う人口約1万人、、、フランス南西部アキテーヌ地域圏ドルドーニュ県の小群所在地。
中世からルネサンス〜17世紀の各年代の建物が残り城塞に囲まれ、、、全体がまるで建築博物館のような町。
階段と坂の多さは昨日までの小さな村とよく似ていますが、日本でしたら人口1万人は小さな町か村でしょうが
やはり ここはフランス小自治体の国、立派でステキな街です。
早速 予定していたレストランを探しながら旧市街を散
策。


e0129400_22235874.jpg

e0129400_22454877.jpg

名産品、フォアグラ、トリュフ、セップ茸、、、日頃は縁のない食材のお店も気になります。
路地に入ると おしゃれなレストランやカフェレストンだらけ、、、美食の街、、、納得です。


e0129400_22271113.jpg

この街全部がマルシェ?と化す土曜日は翌日です。
軽く夕食を済ませ明日に備えます。



サルラ2日目 早朝から ホテルの前の道路は一車線ずぅーと長く路上駐車の車の列です。
テントが張られマルシェ、、、土曜市 雲一つない青空です。
雑貨、魚、肉、チーズ、洋品、本、野菜、、、どの通りもテントと人で大変な混雑です。

e0129400_22224706.jpg

e0129400_22322081.jpg
広場で新鮮な野菜や果物を売っていたご夫婦のお店は地元の住人らしき人たちが群がっていました。

e0129400_22395606.jpg

主人はフォアグラを試食、、、缶詰を幾つかと、私はバニラビーンズと乾燥セップ茸を。

たっぷりマルシェを楽しんで、、、午後3時4分発の列車でボルドーに向かいます。




by tocochan1011 | 2017-06-23 22:46 | 旅行 | Comments(0)  

ドンムと・・・ラ・ロック・ガジャック

この日の天気予報は雨でしたが、、、久しぶりの雲こそ見ましたが雨の気配もなく上々のお天気でした。

ドンム
人口約1000人
ドルドーニュ川の渓谷を一望する断崖の上に作られた要塞都市に到着です。


e0129400_16544590.jpg

ドライバーのニコラさんとの、フランスの最も美しい村巡りもいよいよ最後の村、、ラ・ロック・ガジャック。
1281年 王フィリップ2世の命令によって建設されたドルドーニュ川の岸壁に張り付くように立ち並ぶ民家は中世の時代から
当時の人口は現在の4倍、、、漁業と運送船〈ガバールgabarre〉の事業で賑わっていたようです。
観光遊覧船としてのガバール船で1時間のドルドーニュ川遊覧、、、日本語のイヤホンガイドで。

e0129400_16524355.jpg

e0129400_16535819.jpg
その前に村の中を散策?探訪?してみましたが、、さあここも大変な坂の村です。
途中ですれ違った双子のベビーカーを押すカップルは大変そう、、、でも笑顔で私達にボンジュール。。
頑張ってますネ。

この地方では美食の町、、、サルラのホテルまで送っていただきでニコラさんとはお別れです。
これから 又二人旅は続きます。

by tocochan1011 | 2017-06-23 17:00 | 旅行 | Comments(0)  

コロンジュ・ラ・ルージュ・・・

宗教的な観光地として人気のロカマドール、、、人口わずか650人の村に年間150万人の観光客が訪れるそうです。
夕食の時間に賑わっていた狭い通りも夜には潮が引いたような静けさでした。
朝早く崖の上の教会に向かうのでしょうか、、巡礼のシンボル・ホタテ貝を付けた巡礼者が通って行きました。

e0129400_23580412.jpg


この日最初の訪問地は、、、
”フランスの最も美しい村” (Les Plus Beaux Villages de France)を
最初に設立したコロンジュ・ラ・ルージュ 村です。
村の入口には緑に囲まれた駐車場がありますが、村の住人専用でカードをかざさないと、門代わりのポールを下げられません。
私達は少し離れた有料駐車場に、、、。

早速 村の入口、、道路の両側は赤い建物が並んでいます。


e0129400_00301112.jpg
人口475人 
村の建物は赤い砂岩で建てられ、周りを取り巻くブドウ畑やクリの木の緑と対照的な美しさです。
1982年当時の村長シャルル・セラックがこの村に、フランスの最も美しい村協会を最初にここで創設、、、今ではフランス全土で150以上の村が認定されているそうです。
どの村もそれぞれ近郊で採れる石や土を使って建物が造られ、、その建物は何世紀も代々受け継がれて使われています。
悠久の時の流れ、、ここではそれが日常。

e0129400_00392936.jpg

年配のご夫婦が門柱の上の植物のお手入れを、、住民の意識と努力で村を維持しているんですね。
ステキなホテルやカフェがありました、、、観光で成り立つこの村はこの後のバカンスの季節には大変な混雑が待ち受けているのでしょう。



美しい村巡りもいよいよ終盤
次は テュレンヌ、、、です。



e0129400_13461718.jpg
人口約800人
この地域一帯を1000年以上に亘り支配していた名門子爵の名前に由来、、、。
15〜17世紀当時の建物 黒い三角屋根の家々の風景、、、どこかで見たような風景。
そう イタリアのトゥルッリ(三角屋根の家)の町、アルベロベッロに似ています。
おとぎの国のような静かで美しい村です。

e0129400_13503018.jpg
年配のご婦人のきちんとした身なり、かごの中には大きなバケット、、、ステキです。






by tocochan1011 | 2017-06-19 23:55 | 旅行 | Comments(0)  

コンクから・・・ロカマドールへ

巡礼路の静寂な朝、、、さすがにこの山間部ではオーベルジュと言えど簡素な朝食です。

爽やかな雲一つない青空。
この日はベルカステル、サン・シル・ラポピー、ル・プレサック、カレナック、、、、フランスの最も美しい村々を巡り宿泊はロカマドール。
 
最初の訪問地ベルカステル、、、山間の本当に小さな村、くしゅっと握れそう。

e0129400_22152018.jpg

人口わずか250人足らず、、、丸い石が敷き詰められた坂道を下りて村に入ります。
城塞の下 アヴェロン川辺に広がる板石葺き屋根のある石造りの家が段々に並ぶ景色。

e0129400_22240109.jpg

観光客もほとんど来ないのでしょうか、、お土産屋さんもありません。
この村も巡礼街道にあり、古くからその宿泊地として栄えた村だそうです。

e0129400_22425528.jpg



断崖絶壁に囲まれた道はやがてロット渓谷の上に。
100メートル眼下に川を見下ろす岩壁にはりついて、今も見事に昔のままの面影を保つ中世の村、、、いよいよサン・シル・ラポピーです。

e0129400_23175427.jpg

ここも人口200人ほど、、フランスの最も美しい村であり数年前にはフランス人が好きな村の1位だったそうです。

30年以上前 何も情報のない頃に思いを馳せた遥か遠い村の名前、、、
その響き通りとてもかわいい村です。

多くの観光客が訪れていました、、この村にはバスの便がありそうです。

e0129400_23201822.jpg



リュベロンの谷を見下ろす絶景の丘の上に
ル・プレサック村はありました。

e0129400_23560374.jpg

次に向かったカレナック、、、簡単にあらゆる情報が収集できる時代にカレナックの情報がありません。
ミディーピレネーでもこの辺りは小さな美しい村が密集?しているようです。
まるでおとぎ話に出てきそうな雰囲気の村です。
この一本の橋を渡って村に入ります。

e0129400_20582328.jpg

e0129400_20590957.jpg

さらに20キロ、、、この日の宿泊地ロカマドール、、、モン・サンミッシェルに次いで人気のあるフランスの宗教的な観光地。
アルズー渓谷の断崖絶壁に寄り添うように並び建つ教会や修道院は遠目にも大迫力、、、。
この日 ロカマドールに到着したのは薄暮、、、少しかすんだロカマドール村です。
日本のツアーに組み込まれる事も多くなっている様で、私達の宿泊したホテルも巡礼者の為ではなく、
立派なホテルでした。
e0129400_21190869.jpg




by tocochan1011 | 2017-06-16 23:32 | 旅行 | Comments(0)  

フランスの最も美しい村・・・コルド・シュル・シェルから

今回の旅の目的地、、、フランス南西部・ミディーピレネー。
30年以上前 元NHKの磯村尚徳さんが新聞のコラムだったでしょうか
フランスで一番おすすめの場所としてサンシルラポピーを紹介していました。
以来その響きは忘れられなくなり、いつか行けたらと。

そして数年前 NHKのドキュメンタリー番組でルージュと言う街が取り上げられていました。
35年以上前 当時の村長さん?が荒廃した村を孤軍奮闘し地元の赤い土にヒントを得て?家の外壁を赤く塗り赤いバラや花を植え美しい村にした。
その運動は他の小さな村に広がりフランスの最も美しい村(Les plus beaux villages de France)の協会がこのルージュに設立された、、、、。
そんな内容でした。

フランスの美しい村の基準は
 ①人口が2000人を超えないこと
 ②最低2つの遺産・遺跡があり
 ③協会・コミューン議会で同意が得られていること

でもどの村も鉄道はおろか バスの便さえない。
あっても日に壱か1~2便とかの辺鄙な所です。
以前ベルギーのワロン地方の美しい村を現地のドライバーさんに案内していただいた楽しい経験があります。
今回もこれから3日間トゥールーズのガイド兼のドライバーのニコラさんとボルドーまで3人旅です。

先ず最初の訪問地コルドシュルシェル、、、。
村に入る前に案内された場所からの眺めです。

e0129400_10205558.jpg

天空の村!
ニコラさんによると、日本のアニメの天空の城のモデルになったとか、、、ラピュタの事?
美しい緑に囲まれぽっかり浮かぶ集落です。

さて 歩いてみましょう。
なんと急阪、、、真っ直ぐ下るのは危険なほどの坂と階段。
村と言うより中世の城塞都市の様な村です。
e0129400_18245417.jpg




e0129400_10222534.jpg


コルドシュルシェルから車でおよそ
30
分、、、中世の街、ロートレックの故郷のアルビに到着です。

世界遺産・タルヌ川右岸の歴史的なとても美しい都市景観



e0129400_18274203.jpg

木の筋交いにレンガの建物が多く、レンガの上からクレイ(粘土?漆喰?)が塗られていたそうです。

世界遺産に登録され、何回も塗りなおされた壁は剥がされ、古いレンガと木の筋交いだけの特徴的な建物が 美しい街の雰囲気を作っています。

先ず少し外壁を剥がして下のレンガが質の悪い安レンガの建物は外壁は剥がさずに使っているそうです。

木の筋交いの家は立派なレンガのお金持ちの象徴なんですね、、、。


e0129400_18285295.jpg

街の中心のサント・セシル大聖堂を見学、、聖堂前広場のカフェレストランでゆっくりランチ。その隣のロートレックの美術館を見学。
彼の作品ではムーランルージュのポスターが有名ですが、それ以前の人物画に惹かれました。

ゴーギャンの絵を真近に見た時と同じような感覚、、、作風はまったく違いますが。佇まい、空気感、そして精神性までも感じ取れる、、、。

ロートレック美術館の無料開放されているフランス庭園の中庭です。


e0129400_13063496.jpg



アルビを後に車はますますのどかな山間を
3
時間、、、この日の宿泊地コンクへ。

村に入る前に狭い横道に、、絶景ポイントに案内してくれました。

コンクConques




e0129400_15484642.jpg

中世の巡礼路「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の要所の宿場として歴史を刻んできたコンクには、登山靴にリュック、手には木の杖を携えた巡礼者が目指してくる世界遺産のサント・フォワ教会があり、教会を中心に中世からの趣ある壁から屋根に至るまで石造りの民家が段々にコンパクトにどっしりとひっそりと並びます。

e0129400_16114871.jpg


夕方着いた時にはフランス人の団体観光客で賑やかだった教会前も日が傾くころにはひっそりと、、、。
時折見かけるホタテ貝をリュックにつけた巡礼者たちも杖を片手に足早に村を出ていきました。


e0129400_21170083.jpg


宿の窓からの眺めです。
ベルギーのオーベルジュによく似た木の梁が美しい客室は角部屋、、
どの窓からも村の様子が見えます。
旅先での窓からの眺望は大切なポイントです。
夕方見た村の入口に続く道、朝は霧がかかり幻想的、、、全く違う景観です。
お向かいの建物の屋根の石も美しい。

e0129400_16074172.jpg


この日の夕食は勿論 宿で。

名物アリゴ(チーズ入りマッシュポテト)、、、大きな大きなソーセージと。

焼きチーズにアンチョビのサラダ仕立て、、、ミディーピレネーでは今回ワンプレートのサラダ仕立てを色々いただきました。






by tocochan1011 | 2017-06-15 10:59 | 旅行 | Comments(0)  

旅の靴に・・・Gabor ・ガボール

旅行の準備で一番気を使うのは何ですか?
私の場合は、、、、靴でしょうか。
歩くことが多いい旅で2度ほど大変な思いをしましたので。

明日からフランス南西部、、小さな美しい村巡りの旅に出かけます。
トウールーズからコンク、ロカマドール、サンシルラポピー、サルラ、、、どの場所も初めてですが、
以前1度訪れた事のある街ボルドーに2泊、、9日間の二人旅です。


e0129400_10041975.jpg
今回 履きなれた靴の他に新調した靴です。
ブルーの靴はアルシュの靴に次いで私の好きなドイツのGabor(ガボール)
歩きやすさで人気の靴です。

 

by tocochan1011 | 2017-06-04 23:02 | 旅行 | Comments(0)  

熊野古道・・・那智の大滝へ

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」 3日目は、、、石畳が美しい「大門坂」を上り、熊野那智大社、那智の滝へのコースです。
e0129400_20593228.jpg


e0129400_2133038.jpg


e0129400_214461.jpg


e0129400_214286.jpg


e0129400_2145193.jpg


e0129400_2152277.jpg
八咫烏(やたからす) 日本神話において、神武天皇を大和の橿原まで案内したとされており、導きの神として信仰されている

紀伊山地は、神話の時代から神々が鎮まる特別な地域と考えられていました。
また、仏教も、深い森林に覆われた紀伊山地の山々を仏や菩薩の「浄土」に見立て、仏が持つような能力を習得するための山岳修行の舞台に。
その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容を異にする「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」が生まれ、全国から人々の訪れる所となり、日本の宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼしたそうです

by tocochan1011 | 2016-11-09 21:15 | 旅行 | Comments(0)  

熊野古道・・・2日目 中辺地を歩く

かつては熊野三山の聖域のはじまりとされていた滝尻王子から、眺望の良い「高原(たかはら)」地区を抜け、熊野古道らしい山道を歩いて牛馬童子像、そして近露(ちかつゆ)の郷へと至るコース 車道から離れた古道を歩く、熊野古道中辺路(なかへち)の魅力を存分に楽しめるコース、、、と説明がある。
滝尻王子からの急坂もあり、険しい道の標高差600mのアップダウンが激しいコースです。

e0129400_23481878.jpg

途中長閑な郷の景色、、、この日も雲一つない晴天です

e0129400_233845100.jpg

歩いたコースのほとんどは晴天の空も見えない高い杉木立、とにかく険しい、、、木の根を避けて歩くようにと地元の語り部(ガイド)さんについていくのに精一杯です。
e0129400_015127.jpg

2万歩の最後は熊野本宮大社、、、熊野権現に参拝です。
e0129400_8285514.jpg

by tocochan1011 | 2016-11-08 23:49 | 旅行 | Comments(0)