カテゴリ:着物( 75 )

 

上布と壁上布・・・

又 厳しい残暑が続いています。
今年の夏に着た着物を干して片付けます。


e0129400_17472126.jpg
左は壁上布、絹織物です。
右は宮古上布、麻織物です。


e0129400_17475490.jpg
上布は麻で織られた薄い夏着物です。
地色は琉球藍 素材は宮古島産手績み苧麻(チョマ、カラムシ)です。
砧打ちされた麻は絹のような美しい艶や、透明感が生まれます。
そして、袖を通したときに光をうけて輝き、風を通し、着た時さらりとした爽やかな着心地の良さを感じます。

グレーに燕の絣は琉球絣で絹の上布/壁上布です。
緯糸に壁糸(細い強撚糸の一種)を使った薄絹織。
その壁糸の効果で、夏織物特有のしゃり感が感じられます。
透け感で織糸の細さに驚きます。

by tocochan1011 | 2017-08-27 21:37 | 着物 | Comments(2)  

5月の着物・・・お茶のお稽古

e0129400_08480520.jpg

お茶のお稽古での着物、、、一昔前では柔らかい着物で伺う事が一般的でした。
硬い紬のガサゴソとした音が静かな茶室では雑音になる、、、。
そんな不文律も徐々に無くなりつつありますが、先日のお稽古では縮緬の小紋で。
落ち感のあるしっとりしたこの着物は足さばきも良く、先人達の思いに心を寄せてお茶をいただきました。

by tocochan1011 | 2017-05-26 09:45 | 着物 | Comments(0)  

桜模様・・・

何日か続いた花冷えもようやく緩み、、例年より遅い開花になった桜。
東京では人気スポットの目黒川、千鳥ヶ淵、六義園(りくぎえん)もこれからが満開の見ごろの様です。

私の3月のお出かけに選んだのは、よろけ縞に桜の花びら模様を織り込んだ大島紬。
合わせた帯は、左のカジュアルな花織と右の格のある爪掻き綴れ。
e0129400_1353234.jpg


e0129400_13535864.jpg

爪を使って織る綴れの帯は見事な織模様です。
洋服ではない季節を取り入れた楽しみです。

by tocochan1011 | 2017-04-05 15:36 | 着物 | Comments(0)  

唐子の着物・・・

今年 最初の着物友の顔合わせ、、、我家で。
きもの談義やお茶を点てて、和やかに華やかな気心の知れたお仲間とのひととき。
和の世界にどっぷりと漬かれる、そんな幸せな時間です。

10年ぶりの唐子の付け下げです。
あられに一つ一つ表情や衣装が違う唐子が手書きで描かれています。

唐子は古くから伝わる文様で
正倉院の「唐子文花氈(かせん)」フェルト生地の中央に唐子が見られるそうです。
三唐子、五唐子、七唐子と呼ばれ多子多幸や子孫繁栄の縁起の良い文様の一つです。
e0129400_22574482.jpg

by tocochan1011 | 2017-01-31 22:59 | 着物 | Comments(0)  

新春歌舞伎に・・・今年も大島紬

今日のニュースで19年ぶりの日本人横綱に昇進した稀勢の里関の口上が取り上げられていました。
シンプルで良いとか4字熟語が使われなかったとか、、、。

口上と言えば歌舞伎、、、
先週見た演舞場の新春大歌舞伎では市川右近が三代目右團次を襲名。
その披露があり 幕も慶応三田会寄贈の特別仕様  
出演の役者、猿之助、海老蔵、中車等の市川一門のお祝いの口上に続き右團次の見事な口上に、、会場が盛り上がりました。

今回の私の席は花道のすぐ横 どの演目も花道を使う場面が多く見ごたえがありましたが、
中車こと 役者の香川照之はこれほどの短期間で他の歌舞伎役者と台詞や身のこなしに遜色のない演技に驚きです。
e0129400_2046115.jpg


今年も大島紬で、、帯は渡文。
e0129400_20451192.jpg

by tocochan1011 | 2017-01-25 20:53 | 着物 | Comments(0)  

帯・・・仕立て直し

茶道などで使われるの裂地(きれじ)、、袱紗(ふくさ)、仕服(しふく)、などに使われる布に名物裂(めいぶつぎれ)と呼ばれる絹織物があり、名物の茶器などを入れた事からその名が付いたようです。
代表的なものとして、有栖川文、蜀江文、笹蔓文、荒磯文、花兎文などがあります。
私も有栖川文、花うさぎ文、間道などの帯を持っていますが、帯幅が狭く少し保存状態が悪い帯(花うさぎ文)を仕立て直してみることに、、、。
e0129400_2126521.jpg

先ず縫い目を解いてみました。
硬い木綿の帯芯が使われています、、、しわも気になります。


縫い目の筋消しを、、、完璧には程遠い感はありますが、素人にはこんなものでしょうか。
e0129400_2130116.jpg


帯芯に絹の不織布の帯芯を使って名古屋帯を開き名古屋帯に、、、完成です。
e0129400_21315824.jpg

お茶のお稽古に使えそうです。

by tocochan1011 | 2016-11-12 21:33 | 着物 | Comments(0)  

銀茶会2016・・・

秋はいろいろな楽しみありますが、、お茶会が開催される季節でもあります。
10月16日は東京大茶会がありました、、今日は銀座で恒例の銀茶会。
久しぶりの銀座、、紺色のスタッフジャンパーの男性は銀実会の皆様、、
そして黄色のジャンパーの方は銀座の町会関係の方たちでしょうか?
数年前まで私もスタッフジャンパーを着てお手伝いをしていた懐かしいイベントです。

早くから並んでお茶券をゲットする、、そんな情熱はなくても14か所の各流派のお点前は自由に見学できます。
今回は武者小路千家や新橋芸者さんのお点前の江戸千家には多くのギャラリーが、、一方 桐の丸卓のシンプルな設えの表千家は静かな雰囲気でした。
e0129400_0544757.jpg



総絞り(鹿の子)の着物に三猿の袋帯で。

e0129400_0551143.jpg

by tocochan1011 | 2016-10-30 23:30 | 着物 | Comments(2)  

春は大島紬・・・合わせた帯と帯締め

今年の春のお出かけは何故か大島紬で、、、。
先ずは藍大島にひげ紬の染帯、、帯締めは墨黒と柔らかい色調のピンク
青山の骨董店めぐりに色目を抑えたコーディネイトでした。

e0129400_21513564.jpg



次は 根津のギャラリーへ、抑えた草色のみじん絣の色大島。
一番お気に入りのすくいの帯を合わせて、珊瑚の帯どめ。

e0129400_2152401.jpg



自宅で友人とお茶を、、、生憎の空模様に安心の色泥大島(幾何学模様)に爪綴れの帯。
帯締めは帯の模様の色で。

e0129400_21534878.jpg

by tocochan1011 | 2016-05-07 21:59 | 着物 | Comments(0)  

新年の・・・昼食会

着物友と我が家で昼食会、、。
この日は松花堂弁当にしてみました。
勝手に私の好物をすこしづついろいろ。
里芋とエビのしんじょをあんかけで、牛肉の信田巻き、ほうれん草のお浸しは海苔巻き、、etc。
e0129400_16263985.jpg


新春らしい明るいお召し物がお似合いの皆様。
e0129400_1861764.jpg


お一人お茶のお稽古中ということでSさんのお点前でお茶を、、、。
私の持っているお道具の中で1月に使えそうなお棚、、、四方棚です。
お菓子はMさんお持たせ、、、この季節ならではの花びら餅とお干菓子は、どちらも赤坂の塩野。
ゆったりと幸せなひとときです。
e0129400_187168.jpg

by tocochan1011 | 2016-01-22 18:32 | 着物 | Comments(0)  

新春歌舞伎に・・・大島紬の訪問着

松の内に観劇をと、年末手配した演舞場の歌舞伎のチケット。
案の定大入り満員、、出し物は歌舞伎十八番の七つ面や白浪五人男など
親しみのある演目でした。

e0129400_183975.jpg

着物姿の方はちらほら、、、新春らしい華やかな訪問着、明るめ小紋、シックな紬と10人10色です。
私は、、数年前に仕立てた大島紬の訪問着で。
この着物は歌舞伎座の時にも着たのですが、紬で訪問着は改まったお席ではNG?、、こんな機会にはぴったりだと思っています。
帯は申年に因んで、、、三猿を織り込んだ袋帯を。
e0129400_188413.jpg

by tocochan1011 | 2016-01-09 18:10 | 着物 | Comments(0)