カテゴリ:食器と道具( 17 )

 

銀食器磨き・・・とホールマーク(刻印)

日本のアンティーク、、骨董は祖母から譲り受けた物や好きで買い求めた古伊万里などがあります。
西洋の物は、、我家の住まい方に似合わないかしらと敬遠してきましたがアンティークショップで買ったガラスと銀製品が少し。

ゆっくり差し込む柔らかな春の日差し、、、家事にも目覚めるこの季節。
気になっていた英国製の銀のティーポットやスプーン等、、久しぶりに黒ずみを磨いてみました。

e0129400_2258535.jpg


イギリスの銀製品の歴史は700年以上。
徹底した品質管理は厳正な審査にのっとった品質保証マークの刻印「ホールマーク」が純度の高い銀製品に刻印されてきたからだそうです。

e0129400_17281532.jpg

さて そのホールマークの見方です。
左から1番目・・メーカーズ・マーク(アルファベットで短縮)
    2番目・・スタンダード・マーク(ライオンのマークは純度92,5%以上)
    3番目・・メタル & ファインネス・マーク(シルバーの純度を表すマーク)
    4番目・・アセイ・オフィス・マーク
          ( どこのアセイ・オフィスでホールマークが押されたかが分かる)


以前のように落ち着いた輝きを取り戻しました。
陶磁器や金属に銀メッキされたものに比べとっても軽いんです。
優雅にアフターヌーンティーでも頂きたいですネ。

e0129400_2305671.jpg



(
e0129400_1725262.jpg

使った銀磨きは Goddard's シルバー磨き
柔らかい布にペースト状の磨き剤を付けて磨きます。

by tocochan1011 | 2016-04-10 18:38 | 食器と道具 | Comments(0)  

焼き菓子・・・古いマドレーヌ型

最近の異常気象とも言える長雨、、、8月から続くまるで梅雨のようです。
涼しい日に久しぶりの焼き菓子を、、マドレーヌ。
バター不足も相変わらずですが、たまにはいいですネ。

e0129400_17263257.jpg

お皿は、娘に頼まれた餃子用として26㎝の焼きあがったばかりの自作。
フライパンからそのまま返して使うそうですが、、。

e0129400_17271829.jpg

昭和な感じのマドレーヌ型はスズメッキ、、最近でしたらテフロン加工やシリコンコートされていますが、30年以上使っている愛着のある古い物です。

by tocochan1011 | 2015-09-03 17:53 | 食器と道具 | Comments(0)  

おろし金・・・新旧交代

e0129400_23202545.jpg
小さなおろし金は少量のしょうが、にんにく、山葵、等にとても便利。
何十年前でしょう、やっぱり銅が一番 と思って買った銅製が右です。
流石に素晴らしい、、、。
でも、次は宣伝文句に惹かれ、白く清潔そうなセラミック製。
これはまったく力がなく、思ったようにはおろせません。

先日 久し振りにデパートの家庭用品売り場をうろうろ、、、。
そこで、目に留まった丁度テーブルスプーンサイズのステンレスのおろし金。
目もいい感じに鋭く、丸い形状は使い勝手もよさそうです。

実際使ってみると、、、いい具合です。
セラミック製はお役御免で断捨離です。

by tocochan1011 | 2014-04-29 23:21 | 食器と道具 | Comments(2)  

ストーブ・・・タジン鍋

   お祝儀や不祝儀のお返しにカタログが届く事が多くなりました。
   そんなカタログの中から、2点よい物が、、1つは、買い替え予定のフードプロセッサー。
   考えていた、現在使っている物と仕様が近いステンレス製、お手入れが簡単で軽い。
   もう1点がストーブ社製のタジン鍋。
   迷った末にタジンにしてみました。
   下の鍋本体は、鉄鋳物にホーロー仕上げ?相変わらず、どっしりずっしり。
   ふたは陶器?セラミック?ほどほどの重さで扱いやすそうです。

   早速 野菜と豚肉で蒸ししゃぶに、、、白菜、きのこ、水菜、豚肩ロースの薄切りを重ね
   お酒大匙1を振り入れて、蓋をして7~8分で出来上がり。
   写真に撮るほどのものではありませんので、、、。
   でもデパ地下で見つけた ゆづしょうゆのおかげでしょうか、お鍋の力でしょうか野菜の
   おいしいこと♪  ヘルシー&簡単&時短で今年は出番が多くなりそうです。
e0129400_23303530.jpg
e0129400_2329384.jpg
          本体のお鍋はすき焼き鍋に代用できそうです。

by tocochan1011 | 2012-11-01 23:38 | 食器と道具 | Comments(0)  

石井康冶のガラス・・・

e0129400_17123369.jpg

    日本の素晴らしいガラス工芸作家 その一人石井康冶(1946- 1996 )。
    彼の大きなボール、、、30センチ程の楕円のような凛としたフォルムです。
    夏の短い間 我家のリビングに登場します。
    漆の蓋で水指に、、、菓子器に、、、やはりこのままが1番。

by tocochan1011 | 2012-08-22 17:22 | 食器と道具 | Comments(2)  

ハンドジューサーで・・・レモネード

   毎日のお暑さに皆様お変わりございませんか?
   この炎天下にも主人は週4日のフィットネスクラブ通いは休まず行きます。
   そんな主人が、、、5月の旅行のランチタイムに欠かさず飲んでいたレモネード。
   アメリカの方はお好きのようですね(アメリカ船でしたので)。
   
   さて そろそろ帰ってくる主人の為?いえ只私が飲みたいんですが。
   処分予定のハンドジューサー(30年物)を使って作ってみました、、、綺麗にみがいて。
   レモン絞り器と比べてみましたら、果汁の多さと絞る力のらくちんさでは、
   だんぜんこのジューサーです。
   お手入れではレモン搾り器が楽ですね。

e0129400_17331529.jpg
        半分に切ったレモンを挟んでハンドルを下げるだけで力いらずに絞れます。
        レモンの向きをかえてもう一度ギューっと。 
        久し振りに見ましたが、古さもでてイイ雰囲気なエコなアナログ道具です。
        しばらくは処分見送りでしょうか。 

e0129400_17333460.jpg
       材料はレモン2個(絞り汁3分の1カップ)砂糖大匙1、ハチミツ大匙1~2、水2カップ
       砂糖はちみつを少量のお湯で溶かし、後は混ぜるだけです。
       濃さと甘さはお好みで、、、さあ夏の暑さにクエン酸をたっぷりどうぞ。

by tocochan1011 | 2012-07-30 17:55 | 食器と道具 | Comments(4)  

アアルトのフラワーベース

e0129400_2330048.jpg

今回の旅行で 以前割れてしまったフラワーベースの補充に又同じアアルトを選んでみました。
キッチンでグリーン(野菜等)を入れても、と思っています。

フラワーポットの伸びてしまったコンロンカの切り戻しとマリーゴールドの折れた花を、最初は
平らなガラス器に入れてみましたが、やっぱりアアルトに、、、面白い効果がでました。

by tocochan1011 | 2012-06-23 23:52 | 食器と道具 | Comments(0)  

三谷龍二のバターケース

e0129400_2231496.jpg
e0129400_223355.jpg

    三谷龍二作 山桜の厚い板を刳り抜いて作られたバターケースです

    数年前 結婚当初から使っていたガラスのバターケースが割れてしまいました。
    そのころ 息子の書庫で見つけた平松洋子さんのエッセイの中で
    木の食器の第一人者の三谷龍二のバターケースの存在とその良さを知りました。
    なかなか目にするチャンスもないまま、、、やっと去年の4月 Farmars Table に注文
    希望の山桜は材料の木が無く2~3年待ち。胡桃で1年程という事、
    まあ胡桃でもいいかしらと待つことにしました。
    ようやく入荷のご連絡をいただき 早速取りに伺いました。
    今年の夏に転居したShopはエレベーターのない恵比寿のビルの4階でした。
    どこにも継ぎ目のない 1枚の木からケースもフタも刳りぬいて作られています。
    
     また1つ 大切に使いたい物が我家に増えました。
    

by tocochan1011 | 2010-10-12 22:37 | 食器と道具 | Comments(0)  

骨董 vol 3

e0129400_1924405.jpg

       骨董の中でも 使いやすさと頻度ではそば猪口が1番でしょうか。
       小鉢、デザート鉢(和にも洋にも)、茶碗蒸、湯のみ・・・。
       絵柄が違っても何の違和感もありませんし、かえってお互いに魅力的です。
       

e0129400_1925325.jpg

       雑然と入れていますが これで何となく調和がとれているようです。
       江戸後期から明治の初めの物が私の好みです。
       

by tocochan1011 | 2010-03-27 19:40 | 食器と道具 | Comments(0)  

もみじ市の木のトレー・・・工房イサド

  今日のもみじ市で 私達も一目ぼれで 刳物(くりもの)  木のトレーを買いました。
  工房イサドの、、、桜の木です。植物油で仕上げてあるのでお皿としても使えるそうです。
  ヂョウナのあとも荒々しくいい感じです。
e0129400_2205737.jpg
e0129400_2211340.jpg

e0129400_2225643.jpg

   もみじ市の食べ物屋さんはどこも長い行列です。
   30分並んで買ったきのこのキッシュを持ち帰って、トレーで軽いランチ。
   ほどなく 突然友人が見えました。ちょうど焼きあがったパンを切って載せてみました。
   全粒粉のパンでお茶です。
   友人にもこのトレーはとても好評でした。

by tocochan1011 | 2009-10-10 22:22 | 食器と道具 | Comments(0)