カテゴリ:未分類( 4 )

 

秋・・・芸術vs味覚

行きたいと思っていた 世田谷美術館の「ボストン美術館-華麗なるジャポニスム展を逃し
ようやく上野で開催中のボストン美術館 浮世絵名品展に行ってきました。
今年6月に行ったボストン美術館ではすでに日本に搬出された後だったのでしょう、、、
主だった浮世絵の展示はありませんでした。
今回の名品展 見事なまでのコレクション、、、圧巻です。

中には百人一首を題材にした作品もあって、これも北斎?なんですね。

多くの浮世絵が海外に流出し 管理保存が完璧にされかえって良かったんでは?
日本では当時、特にヨーロッパへの輸出品のパッキングや包装の紙として使われていたそうですが
それが芸術品として高く評価され、印象派の画家達に影響を与えていたんですね。
e0129400_18542827.jpg


そして 私の主人の所属する 木工クラフトのグループ展?が家のすぐ近く、NPO法人(障害を持つ方を雇用)の小さなカレーショップ兼ギャラリーで先月末から、、、。
そこで友人とお茶をしていましたら、お店の方が「これご存知?」と、、、あけびでした。
一口 甘い実を試食させていただき、1つ頂きました。
今年は柿も栗も成り年とか、、、あけびもそうなんでしょうか。

茶と紫 クールですてきな色味。
e0129400_19114463.jpg

by tocochan1011 | 2014-10-21 19:29 | Comments(0)  

45cmの端布で・・・ベスト

e0129400_1824872.jpg
     濃いあずき茶の両面織ニットの残布でベストです。
     着丈ほども無い(W幅で45cm)少ない布ですが、色と素材が好きで、
     何とか使えないかしらのと、、、苦肉の策の切り替えです。
     肩の方で接ぐか、下かで迷いましたが、デザイン線という事で下側で接いでみました。
     前身頃には1センチ幅に切ったテープ状の共布をランダムに縫いつけて、、、。
     これには同じ生地のタックスカートやいろいろな幅のパンツにも合いそうです。

e0129400_183115.jpg


e0129400_1812242.jpg
     このようなカットソーでは、私は普段切りじつけはしませんが、
     今回は接ぎがあることと、縫代が1センチ取れない場所がある事を考慮に
     珍しくきちんと作ってみました。

e0129400_1815757.jpg

     ホームソーイングの力強い味方は、ロックミシンとグリーンのこのカッティングボード、
     そしてロータリーカッター(ディスクカッター)等々でしょうか。
     手前が正規品?のオルファ、、ブルーのはダイソーの100円物ですが、
     充分使えて替刃以下の安さで買えるのは驚きです。

by tocochan1011 | 2012-01-25 18:29 | Comments(0)  

カットソー Vol 15  前フリル

e0129400_14271626.jpg

  カーキ色 薄手のジャージーニットでワンデーソーイング。
  秋用に(ボリューム感=暖かさ)大きめフリルを付けて見ました。
  始末は巻きロックの予定が細ロックで、、、。
  ワンマイルウエアーでこのまま、もう少し寒くなったらインナーを重ねて着ます。
  

by tocochan1011 | 2011-10-16 13:25 | Comments(2)  

カットソー vol 7

e0129400_19401841.jpg


薄手のコットンジャージーでカットソーです。
シンプルな縞なので少しデザインを加えて・・・。
ななめにシャーリングを入れてみました。
面白い効果がでたようです。

by tocochan1011 | 2008-07-04 19:38 | Comments(0)