古セーターと残布で・・・ブランケット

冬になると炬燵(こたつ)を楽しまれる方も多くいらっしゃると思いますが、、、我が家にはその習慣がありません。
椅子やソファーで寛ぐときには、ひざ掛けやブランケットを。

去年の年末から作り始めたブランケット、、主人の古いセーターやソーイングの残布。
すべて無地とチェックのウールを組み合わせてパッチワーク、、裏もフエルトのようなウールのフリース生地を使ってキルティングを。
e0129400_23125.jpg


もうすぐ1歳の孫のE君と2歳になったばかりのIちゃんが、このか~るい ウールのブランケットを掛けて我が家のリビングで仲良くお昼ね、、、新年から重宝に活躍です。
 
e0129400_2315243.jpg

by tocochan1011 | 2015-01-05 11:12 |   ・・リメイク | Comments(2)  

Commented by やすみん at 2015-01-07 09:13 x
いつも素敵な作品楽しませていただいています。
暖かそうなブランケットですね♪

私も残り布沢山ありますが・・こんな風に使えるのですね。
セーターを使ったり、アイディアも参考にさせていただきます。
Commented by tocochan1011 at 2015-01-09 21:53
やすみん様
パッチワークは挫折の経験があり、、それがトラウマ?で余り手が出せませんがこれは簡単でした。
小さな布も形になると嬉しいですネ。

<< 総絞りの羽織を・・・丈伸ばし おせちの残りで・・・ちらし寿司 >>