錦紗の着物から・・・大きい柄の場合

     昔の着物の柄や色使いには時々はっとする驚きがあります。
     この着物は骨董市で目に留まりました、、、壺たれに縞。
     大胆な迫力です。
     何とか手を付けてみましたが、イメージが沸きません。
e0129400_18554530.jpg

       とりあえず仮縫い代わりに形にしてみました。
       ワンピース?ロングチュニック? 袖はフレアースリーブ?
       壺たれの柄の良さもちょっと、、、。

 
e0129400_1641868.jpg

      前の柄を考慮して裁断のやり直しです。
      すっきり 壺たれの柄が生きてきました。
      コクーンシルエットに変更です。
      このデザインは去年のベルギーのアントワープや今年のヘルシンキのブティックで
      よく見かけた物からのヒントです。
   
      細身のパンツかスパッツと合わせて、、、 
      膝がちょうど隠れるので、このままワンピとしても着られそうです。
   

e0129400_19175891.jpg
         後はループで一つボタンです。
         実際の色はこんな感じ、、、柄の出方が素敵になりました。 
   

by tocochan1011 | 2012-07-24 19:23 |   ・・リメイク | Comments(2)  

Commented by makiko at 2012-07-25 10:23 x
デザイン次第で柄、色合いがモダンにステキに変身するのですね!何年か前に手に入れた大柄の格子の生地を
もてあまし、何の生地かもわすれ早くしないと年老いて着れなくなくなりそうだし、下手にしたらチンドン屋になりそうだし。でも挑戦してみます。
Commented by tocochan1011 at 2012-07-25 23:09
柄ものは難しいですネ。
長い間 通勤着にスーツ(基本的に無地)が多く、家庭に入って好きな物を好きなように着られる生活になりましたので、、、。
やはり、合わせるものによりますが、色味は大きく分けて2色の7:3とか8:2とかゴールデン比率の範囲で考えるとまとまりますね。
いろいろ挑戦してみましょう♪

<< 廃物利用の整理・・・ソーイング用品 エアコンクリーニング・・・の後に >>